松沢成文オフィシャルサイト

松沢成文オフィシャルサイト

文字サイズ

お問い合わせはこちら

【二宮尊徳の成功哲学】シリーズ第16回 映画「二宮金次郎」全国で大ブレーク!

映画「二宮金次郎」 全国で大ブレーク!

松沢成文

 

 かつて全国の小学校の校庭に必ずと言っていいほどあった金次郎像。薪を背負って勉学に励んだあの少年がその後、600以上の村や藩の復興を手がけたことをご存知だろうか?

 200年前に金次郎が辿り着き、守り発展させた思想は代々引き継がれ、今も変わらず私たちの中に生き続ける。村の改革と復興に命を懸けた二宮金次郎の、そのドラマチックで破天荒な生き様が魂を揺さぶる感動の映画となりました。

 

 幼い頃、両親が早死にし、兄弟とも離れ離れになった二宮金次郎─。青年になった金次郎は、小田原藩主に桜町領(現・栃木県真岡市)の復興を任される。金次郎は「この土地から徳を掘り起こす」と“仕法”と呼ぶ独特の改革手法で復興に挑戦する。ところが、この仕法は保守的な百姓達の猛反発に遭う。そんな中、小田原から新たに派遣された侍・豊田正作は、百姓上がりの金次郎に反発を覚え、次々と邪魔をし始める。はたして、金次郎は桜町を復興に導けるのか?

 

 メガホンを握った監督は、『地雷を踏んだらサヨウナラ』『長州ファイブ』の五十嵐匠。プロデューサーと脚本は『武士の家計簿』の永井正夫と柏田道夫のコンビが再タッグを組んだ。また、音楽は『半落ち』で日本アカデミー賞優秀音楽賞受賞の寺嶋民哉。撮影は『蝉しぐれ』で同優秀撮影賞受賞の釘宮慎治。熟練のベテラン映画人が結集した。

 主人公の金次郎を演じるのは、「水戸黄門」格さん役でお馴染みの合田雅史。金次郎を支える妻・なみにNHK連続テレビ小説「あぐり」の田中美里。敵役・豊田正作には舞台俳優の成田浬(かいり)、小田藩主・大久保忠真役に時代劇の第一人者の榎本孝明、反発する百姓・五平役に地元小田原出身の人気タレント柳沢慎吾、成田山新勝寺の貫主役に舞踊家の田中泯(みん)。素晴らしい豪華キャストで迫力満点、見応えのある映画が完成した。

 

 この映画は、五十嵐監督のたっての願いで、映画館ではなく地域で上映することになった。街のコミュニティセンター、学校の講堂や体育館、企業・団体のホールなどで、地域の自治体、学校、企業、団体が単体であるいは連携主催者となり、上映会を企画し開催する。それこそが、金次郎が実践した“地域おこし”につながると考えたからであろう。

 

 私も二宮尊徳研究者、報思信俸者のひとりとして、また、拙著『教養として知っておきたい二宮尊徳』を参考にして映画を作っていただいたという経緯もありこの映画を普及する運動を全力で応援している。コロナ禍で厳しい状況もあったが、最近では全国津々浦々で続々と上映会開催の予約が入っている。もしご関心がある方は、私の事務所(045-594-6991)か、映画「二宮金次郎」製作委員会(03-3518-6345)までお問合せください。

 なお、どんな映画か探りたい方は、YouTubeで「映画二宮金次郎」と検索ください。予告編がご覧いただけます。感動いっぱいの素晴らしい映画です!

カテゴリ
バックナンバー

MOVIE

松沢しげふみチャンネル

松沢しげふみチャンネル

プライバシーポリシー | サイトマップ

TOP

  • 松沢しげふみ 横浜事務所

    〒220-0005
    横浜市西区南幸2-19-9
    TKPガーデンシティPREMIUM横浜西口1F
    TEL:045-314-1381
    FAX:045-320-1500
    Googleマップ

松沢成文