松沢成文オフィシャルサイト

松沢成文オフィシャルサイト

文字サイズ

お問い合わせはこちら

7月22日次世代の党幹事長松沢成文定例記者会見

7月22日記者会見

平成27年7月22日に次世代の党幹事長松沢成文が定例記者会見を行いました。
要旨は以下のとおりです。

==================================
≪両院議員総会の報告≫
・党首選挙の実施規則について、党員や支部長からの
 提案なども精査しており、次回には決定する予定です。
・参議院選挙制度に関して、わが党を含む野党4党と
 自民党で「定数の10増10減」法案の附則の扱いでも
 合意できれば、本日にでも提出し、今週中にも参議院
 にて成立する見込みです。

≪幹事長からの報告≫
・安全保障法案が参議院で審議される見込みですが、
 わが党は安保法案が合憲か違憲かという観点ではなく、
 「中国の脅威からわが国をどう守るのか」「PKOなど
 拡大する自衛隊の任務にどう対応するか」「拉致問題を
 含め邦人救出をどうするか」といった、安全保障自体に
 関わる議題に力を入れていきます。
 また、参議院で規定内に結論を得られないために起こる
 「60日ルール」は、参議院の存在意義にも関わるので
 (冗長な審議などにより)適用される状況にすべきでは
 ありません。わが党は、審議も採決も拒否せずしっかりと
 意思表示を行います。
 その際、わが党が用意した領域警備法案や、民主、維新
 両党も提出した領域警備法案もあるので、与野党の充実
 した審議を実現するためにも是非とも参考にしてもらい
 たいと考えます。
・新国立競技場の建設に関し、政府が白紙撤回しました。
 かねてより自身(松沢)も訴えてきた内容でもあり、
 遅きに失したとはいえ評価しています。
 一方で、今回の一連の失態はJSC(日本スポーツ振興センター)
 を所管する文部科学省、そして文部科学省の責任者である
 文部科学大臣にありその責任は免れません。
 民主党時代に決定したとはいえ、ずさんな計画を推し進めてきた
 責任が文科省にはあり、立場上、文部科学省のトップである
 下村文科大臣はけじめをつける必要があり、辞職すべきです。
 そして、しっかり責任をとった後は内閣直轄の本部を設けて、
 総力で取り組んでもらいたいと思います。

詳細は動画をご覧ください。

カテゴリ
バックナンバー

MOVIE

松沢しげふみチャンネル

松沢しげふみチャンネル

プライバシーポリシー | サイトマップ

TOP

  • 松沢しげふみ 横浜事務所

    〒231-0048
    横浜市中区蓬莱町2-4-5
    関内DOMONビル6階
    TEL:045-594-6991
    FAX:045-594-6992
    Googleマップ

松沢成文