松沢成文オフィシャルサイト

松沢成文オフィシャルサイト

文字サイズ

お問い合わせはこちら

5月11日次世代の党幹事長松沢成文定例記者会見

5月11日記者会見

平成27年5月11日に次世代の党幹事長松沢成文が定例記者会見を行いました。

要旨は以下のとおりです。

 ==================================

 【両院議員総会の報告】

●今月中に国政支部長会議を開催し、党の組織づくりに
 ついて協議をする予定です。

●それを受けて、6月3日(水)16時より、全国拡大
 支部長会議を行い、国政・地方含めた支部長の皆さんと
 統一地方選挙の総括や今後の党勢拡大のための地方組織
 づくりについて協議する予定です。

●政治塾には36名の応募がありました。地方選挙の経験者
 10名も含まれています。第1回は6月13日(土)で、
 平沼党首が我が党の党是である憲法について講義を行う
 予定です。

【ウズベキスタン視察の報告】

●5日(火)から9日(土)にかけて、中山参議院会長を
 団長として、和田政調会長と私の3名でウズベキスタン
 に視察に行ってまいりました。

●まず、アジモフ第1副首相兼財務相との会談を2時間
 行いました。1つの大きなテーマはADBとAIIBの
 あり方についてです。私どもは、中国主導のAIIBは
 組織の運用や融資の条件づくり、環境に配慮した
 投資・開発など、見定めなくてはいけないものがあると
 申し上げたところ、アジモフ氏からは、是非とも政治と
 経済は分けて欲しい、途上国の立場としては、ADBと
 AIIBの協調融資も含めて、両方の開発銀行から融資
 を受けて開発を進めたいので理解頂きたいとの意見でした。
 更には、日本がAIIBに参加することで、
 コンプライアンスを含めてリードしてもらいたいとの期待
 を表明されました。
 また、イスラム国のテロリズムの波及についても意見交換
 を行いましたが、ウズベキスタンはかなり前からイスラム
 過激派について注意して対策を取っており、具体的には、
 貧富の格差を無くす事と徹底した教育制度、イスラム教育
 制度だけでなく公立学校をつくり、貧困や教育が無い事
 から過激派に行ってしまうことを防いでいます。

●日本のウズベキスタンが共同で運営している日本センター
 も視察しました。ここは、ビジネススクールや日本語教育
 などを展開しており、ウズベキスタンの人々からも大きな
 評価を受けておりました。こうした草の根事業は大変重要
 だと再認識しました。

●日本兵がシベリアに抑留されて、タシケント周辺にも
 約2万 人連れて行かれ、うち1000人が亡くなりました。
 そのお墓を再整備して、1つのモニュメントとして記念碑
 もつくったのが中山恭子元大使です。
 その墓参もしてまいりました。ウズベキスタンの古老の方
 が抑留者と一緒に過ごして、資料を集めて資料館をつくっ
 ており、資料館をしっかりとした博物館にする資金が必要
 なので 協力頂きたいというお話もいただきました。
 日本メディアを使って宣伝し、歴史を後世に引き継いでい
 くという事で、次世代の党でも協力ができるよう情報交換
 をしていくことになりました。

●商社などのウズベキスタン駐在企業とも懇親をしてきました。
 ウズベキスタンは、シベリア抑留兵が社会資本をずいぶん
 整備しているので、日本に対して感謝をしている親日国です。
 その影響で日本がODAや開発資金を提供して、
 ウズベキスタンの経済発展に貢献してきました。残念ながら、
 最近では韓国や中国の勢いに押され日本の存在感が薄れており、
 現地の人も、駐在している日本企業も心配していました。
 日本企業にも進出してもらえないかと懇願されました。

●現地では、8月に安倍総理がウズベキスタンを訪問する
 ことを決定とみなして準備しています。アジモフ氏から、
 安倍総理に8月にウズベキスタンに来て欲しいと再度
 伝えて欲しいという要請がありました。
 今週中にも官邸を訪れて、この要請をお伝えしたいと
 思います。

●シルクロードの古都など、世界遺産も数多くある国なので、
 日本との観光交流を進めていきたいと意見交換をしました。

【幹事長からの報告】

●今後の国会日程では難しい法案が審議されます。
 特に安保法制です。政府は法案の最終調整を行って
 いるようですが、我々としては日本の安全保障の体制、
 抑止力を強化するために、自衛権は絶対に必要だと
 思っています。集団的自衛権を含め、きちんとした体制
 を整備する事は不可欠ですので、政府の法案の方向性は
 支持しています。しかし、足りない部分もあるので、
 そこはしっかり指摘していきたいと思います。

●例えばグレーゾーンの最たるものである領域警備に
 ついてです。新聞報道でも、閣議決定の迅速化のため、
 電話による閣議決定やNSCの電話会議を行い、
 グレーゾーン事態がまずい方向にいったときには、
 すぐに自衛隊の治安出動や警察警備行動がとれるよう
 にすると言っていますが、この点はまだまだ不十分だと
 思います。行って出来ることは、あくまで警察権限です。
 もしそこで中国軍が出てきてしまったら、まったく対応
 できません。私たちは領域警備法を提案していて、
 自衛隊の領域警備を通常任務にするということと、
 そのときの武器使用は国際基準にあった行使を認めて
 いくという法案です。議員の人数が足りないので今は
 議員立法で提出できませんが、国会審議の中で法案の
 必要性を追求していこうと思います。
 是は是、否は否で法案審議に臨んでいくという方向で
 やっていきたいと思います。いい安保体制ができれば
 抑止力につながり、平和と安全が維持できると考えて
 います。

【記者からの質問】

●集団的自衛権の限定容認についての党の立場は、私たち
 は限定ではなく、集団的自衛権を全面容認していくのが
 理想だと思っています。ただ、憲法の条文から見ると、
 そこまで憲法解釈でいくのは難しいと思うので、
 一歩前進で仕方ないかと思っています。
 新3要件の1つ目に、あそこまで抽象的で長い言葉で
 要件をつけられると、ほとんど集団的自衛権の行使が
 出来る場面がないのではないかと危惧しているので、
 危機的な条件には対応できるよう、文言自体をもう少し
 シンプルにしていくべきだと思っています。
 賛否については、議論した上で一歩前進であれば賛成
 していきます。

●国会審議の中で、次世代の党の考えに基づいて修正を
 求めていくのかという質問については、今後野党の中
 でもより安全保障の体制を充実させる方向で修正案が
 出てくる可能性があるので、その議論にも参加して
 いきたいと思います。
 そもそも我々は安保基本法をつくるべきだという立ち
 位置です。基本法がないので、それぞれの法案のパッチ
 ワークでは国民がほとんど理解できないでしょう。
 基本法策定の提案は自民党内でもありましたし、野党
 でも民主党、維新の党は基本法をつくるべきだと
 聞いています。ただ、次世代の党の基本法は、自衛隊の
 武器使用の権限もネガティブリスト化し、武器使用は
 他国と同様にできるようにしないと、武器使用にタガを
 はめられた自衛隊が戦場の近くに行くと、自衛隊員の身を
 守れない可能性があります。
 これが他の野党が出している基本法と整合性がとれるかは
 わかりません。
 安保基本法や領海警備法をつくっていくという党の方針は
 もっていますが、今の我が党の勢力では、国会全体の議論
 になっていく保障は残念ながらありません。
 議論をしていく中で、政府の案が一歩前進、二歩前進で
 あれば賛成していく姿勢で臨んでいきたいと思います。

詳細は動画をご覧ください。

カテゴリ
バックナンバー

MOVIE

松沢しげふみチャンネル

松沢しげふみチャンネル

プライバシーポリシー | サイトマップ

TOP

  • 松沢しげふみ 横浜事務所

    〒231-0048
    横浜市中区蓬莱町2-4-5
    関内DOMONビル6階
    TEL:045-594-6991
    FAX:045-594-6992
    Googleマップ

松沢成文