松沢成文オフィシャルサイト

松沢成文オフィシャルサイト

文字サイズ

お問い合わせはこちら

5月19日の文教科学委員会で質問しました

「こんなゲームを子どもがやってるの!?」。
大臣や国会議員が驚きの声を上げました。

5月19日の参議院文教科学委員会で、実際の画像も
提示して、下村文科大臣や経産副大臣、内閣府副大臣と、
国による統一的な残虐ゲーム規制について議論しました。

今年2月の川崎中1殺害事件に続き、一昨日、またも
私の地元の横浜で15歳の少年が母と祖母を殺害する
という驚くべき事件が起きています。
その他にも、名古屋女子大生事件や佐世保女子高校生
事件など、未成年による残虐な事件は後を絶ちません。
これら事件の原因には、様々な要素が絡み合っている
のでしょうが、その一つとして、多くの識者が残虐な
ゲームの影響を挙げています。

私もかねてより同意見で、ゲームの場合は自らが主人公と
なって主体的に殺戮を行いますから、受け身の映画など
より影響は遙かに大きいと考えてきました。
そのため、2005年には神奈川県知事として全国で
初めて残虐ゲームの未成年への販売を条例で規制し、
大論争を巻き起したこともあります。

幸いなことに多くの自治体が私の考えに賛同してくださり、
規制条例が全国各地で誕生しましたが、内容はまちまち
ですし、条例のない自治体もあるのが実情です。その他には
業界の自主規制もありますが、これはお願いベース。

ですから、今でも、小学生であっても買おうと思えば簡単に
買えてしまうのです。それどころか、インターネットや
スマートフォンの発達により、昔よりも簡単に残虐ゲームを
プレーできるようになってしまいました。

今こそ残虐ゲームから子ども達を守らなければいけません。
百聞は一見に如かず、下に動画のリンクを貼りましたので、
関心があり、心臓も強い大人の方はご覧ください
(グロテスクなので閲覧にはくれぐれもご注意ください)。

この問題は表現の自由との関係もあり賛否両論あるのですが、
とことん議論を尽くしたいと思います。

 

議事録はこちら
残虐ゲームの参考動画はこちら(閲覧注意)

カテゴリ
バックナンバー

MOVIE

松沢しげふみチャンネル

松沢しげふみチャンネル

プライバシーポリシー | サイトマップ

TOP

  • 松沢しげふみ 横浜事務所

    〒231-0048
    横浜市中区蓬莱町2-4-5
    関内DOMONビル6階
    TEL:045-594-6991
    FAX:045-594-6992
    Googleマップ

松沢成文