松沢成文オフィシャルサイト

松沢成文オフィシャルサイト

文字サイズ

お問い合わせはこちら
PROFILE

プロフィール

プロフィール
プロフィール
松沢成文(まつざわしげふみ)

生年月日 昭和33年4月2日

メッセージ

皆さま、連休はいかがお過ごしでしたでしょうか?
さて、メディア報道でお騒がせしておりましたが、私はこの度、改めて希望の党を立ち上げ、代表に就任致しました。5月7日に記者会見を行い発表しましたので、ご報告します。

昨年の総選挙で生まれた希望の党ですが、党内で理念・政策や路線をめぐって考え方の違いが表面化していました。私たちは、旧民進党の復活を目指して数合わせすることには断固反対し、あくまでも、総選挙での公約の実現を目指し、改革保守の理念・政策を貫き、希望の党を自立・発展させるべきだと訴えてきました。そうしなければ、総選挙でご支持いただいた皆さまを裏切ることになると考えました。

しかしながら、両者の溝は埋め難く、連休前に合意の上で分党を決定致しました。
民進党から総選挙直前に希望の党に参加した多くの議員は、民進党と再び合流し、国民民主党という新党を結成するとのことです。

私たちは、希望の党の結党の理念・政策を継承し、さらに発展させるために、改めて希望の党という新党に結集しました。政党にとって大切なのは、「数合わせ」ではなく「理念・政策」であるという信念の下に行動しました。
私たちの目指す改革保守の理念とは、政治家の利益ではなく、国家・国民全体の利益を最優先する国民ファーストの政治理念です。国政を透明化し、常に情報を公開し、既得権益、しがらみ、不透明な利権を排除する改革の政治です。

私たちの目指す改革保守の政策とは、憲法の改正に前向きに取り組み、外交・安全保障については現実主義に徹する。一方で、国内政策については、利権政治を打破し、国民ファーストの視点に立って、政府を厳しくチェックし、必要ならば対案を出し国民に選択肢を提示するというものです。

さらに、私たちの目指す改革保守の路線とは、政・官・業の癒着の中で利権にまみれた自民党政治を打破し、一方で、何でも反対の抵抗ばかりの野党政治も否定し、国民ファーストの立場に立って、「第3の道」を目指すという新たな挑戦です。
巨大与党に対抗するには大きな器が必要として、ご都合主義で政党の離合集散を図るのでは、政治の信頼は生まれません。政党の存在意義は、数合わせではなく、あくまでも理念・政策にあると考えます。

私たちはたった5人の小さな政党での再スタートですが、改革保守の理念・政策の旗を高く掲げ、国民の皆さまと共に、国民ファーストの新しい政治を実現するために活動を続けて参ります。そして、国民ひとりひとりに、日本に、未来に、希望がもてる社会をつくるために、清新で信頼される政治を実現する覚悟です。

ご心配をおかけしましたが、皆さまにはどうかご理解を賜り、今後ともご指導ご鞭撻の程よろしくお願い申し上げます。

平成30年5月7日
希望の党代表・参議院議員
松沢しげふみ

追伸 私の新著『始動!江戸城天守閣再建計画』(ワニブックスPLUS新書)と『教養として知っておきたい二宮尊徳』7(PHP新書)、『首相公選で日本の政治は甦る』(マガジンランド新書)がご好評をいただいております。大手書店やインターネット書店で販売しておりますので、是非ともご一読下さい。ご意見ご感想をお寄せいただければ幸いです。

ポリシー

常に明るく、愛嬌を持って行動すること。正しいと思ったことは、どんなに敵が多くても貫き通すこと。

ポリシー

自己紹介

血液型 A型
学歴 慶應義塾大学法学部政治学科
家族 妻と娘夫婦と2人の孫と愛犬ティオ(柴犬)
趣味 ジョギング、映画鑑賞、歴史研究
尊敬する人物 二宮尊徳、福沢諭吉、松下幸之助
座右の銘 運と愛嬌、破天荒力
好きな食べ物 カツ丼、ラザニア
自己紹介

現在

  • 参議院議員。希望の党所属。文教科学委員会、懲罰委員会、憲法審査会、参議院改革協議会に所属
  • 聖マリアンナ医科大学客員教授
  • 一般社団法人首都圏政策研究所代表理事
  • 一般社団法人スモークフリージャパン代表理事

略歴

1958 1958年4月2日、神奈川県川崎市に生まれる。
川崎市立生田小学校、慶應義塾中等部、慶應義塾高等学校を卒業する。
1977 1977年4月、慶應義塾大学法学部政治学科に入学。 1980年より、講談社HOT DOG PRESSの海外取材員として、ヨーロッパ、アメリカ、オセアニア諸国を訪問、執筆活動を展開。
1982 1982年3月、慶應義塾大学法学部政治学科卒業。
1982年、(財)松下政経塾に、第3期生として入塾。
1984 1984年、米国ワシントンDCにて、ベバリー・バイロン連邦下院議員のスタッフとして活動。大統領選も積極的に取材する。
1985 1985年、米国メリーランド州にて、スティーブ・サックス州司法長官のスタッフとして米国の地方自治を実践研究する。
1987 1987年、松下政経塾卒業の後、同年4月川崎市麻生区より神奈川県議会議員に立候補(無所属)、県政史上最年少議員として初当選。1991年4月2期目当選。
1993 1993年7月、神奈川2区より新生党公認で衆議院総選挙に立候補し初当選。
1996 1996年10月、神奈川9区より新進党公認で立候補し2期目当選。
1999 1999年1月、第1回民主党代表選挙に菅直人氏の対抗馬として立候補し、骨太なマニフェストを訴え善戦。
2000 2000年6月、神奈川9区より民主党公認で立候補し3期目当選。
2003 2003年2月、民主党離党。
2003年3月、神奈川県知事戦に立候補(無所属)、1,040,594票を獲得し当選。「現地現場主義」をモットーに日々県政課題の解決に邁進する。
2007 2007年4月 2,008,335票という知事選挙史上稀に見る得票数で再選。多選禁止条例や受動喫煙防止条例の制定をはじめとする全国初の先進的な取り組みを推進。2期8年間で自ら掲げたマニフェストの約8割を達成。
2011 2011年3月、東京都知事選挙への立候補を表明するも出馬を断念。
2011年4月、神奈川県知事を退任。
2011年5月、筑波大学客員教授に就任。
2011年6月、よしもとクリエイティブ・エージェンシー入り。文化人枠に所属。
2012 2012年11月、東京都知事選挙に立候補し、621,278票を得るが落選。
2013 2013年7月、神奈川県選挙区よりみんなの党公認で参議院選挙に立候補し当選。
みんなの党国民運動委員長に就任。
2014 2014年11月、みんなの党解党。
次世代の党に参加。副党首に就任。
2014年12月、次世代の党幹事長に就任。
2015 2015年8月、次世代の党離党。無所属に。
2017 2017年9月、希望の党結党に参画。
2018 2018年5月、新生希望の党結党、代表に就任。
現在、参議院議員。希望の党代表。文教科学委員会、懲罰委員会、憲法審査会、参議院改革協議会に所属。
他に、一般社団法人首都圏政策研究所代表理事、一般社団法人スモークフリージャパン代表理事など。
松沢成文

MOVIE

松沢しげふみチャンネル

松沢しげふみチャンネル

プライバシーポリシー | サイトマップ

TOP

  • 松沢しげふみ 国会事務所

    〒100-8962
    東京都千代田区永田町2-1-1
    参議院議員会館903号室
    TEL:03-6550-0903
    FAX:03-6551-0903
    Googleマップ

  • 松沢しげふみ 横浜事務所

    〒220-0042
    神奈川県横浜市西区戸部町6-209
    相模物産横浜ビル102
    TEL:045-594-6991
    FAX:045-594-6992
    Googleマップ

松沢成文